銀行のカードローンと年収証明書類について

銀行のカードローンは最高1,000万円までのローンになっている事もあり、高額融資を希望する人にとっては魅力的な金額と言えましょう。更に、銀行のカードローンは消費者金融と比較した場合、低金利ローンと言う魅力もあります。カードローンおすすめ銀行について)金利が低い分、利息の支払い額が少なくなる、月々の返済も余裕で行えるようになるなどのメリットもあります。因みに、返済期間が長くなると利息の支払いが多くなるので、借りたお金はなるべく早く返すのが利息を多く支払わないコツにもなります。余裕がある時などは、繰り上げ返済を行うなどして、元金を減らすようにすれば、短期間で返済が出来るようになるのです。

高額融資を受ける事も出来る銀行のカードローンですが、申し込みをする時には収入証明書と言う書類の提出が必要になるケースがあります。収入証明書は、サラリーマンなどの場合であれば、前年度の年収が記載されている源泉徴収票、個人事業主などの場合は納税証明書や確定申告書と言った書類の写しになります。年収が少ない人にとって、審査に通過出来ないかもしれないと言う不安材料の一つにもなるのが収入証明書なのですが、300万円までの申し込みや200万円までの申し込みの場合には年収証明書の提出が不要にしている銀行が多いのです。そのため、年収証明書の提出で不安を抱く人などの場合、それぞれの金融機関のホームページで、申し込み額が幾ら以上になると年収証明書の提出が必要になるのかを確認しておくと安心です。銀行により金額が異なるので、金利などと併せて比較をしておきましょう。銀行のカードローンの中には、収入が少ない人でも申し込みが出来る、配偶者に安定継続収入がある専業主婦でも申し込みが出来るカードローンも用意しています。申し込み額自体は、通常よりも少なくなるため、年収証明書類などを用意する事無く申し込みが出来る、申し込み時には運転免許証や健康保険証と言った本人確認書類だけを用意すれば良いのです。

Read More

カードローンの在籍確認に関する基本と応用

カードローン契約をする際、融資希望者(申込者)が十分な返済能力と信用を有しているのかを判断するために「審査」が行われます。審査では、融資希望者の現在の年収や将来的な収入見込み、債務状況、過去の取引履歴などの様々な要素がチェックされます。そして、これらの基準を総合的に判断した結果、カードローン業者が設定している融資基準をクリアしていると判断された場合には、融資希望者が申告している情報に偽りがないかどうかを確認する意味で「在籍確認」が行われます。基本的な在籍確認の方法は、申告した勤務先へカードローン業者が電話連絡を行い、間違いなく融資希望者がそこで働いていることを確認します。勤務先を確認することによって、申告された年収や将来性の評価が裏付けられることになります。要は、「信用能力を担保するための手段」が在籍確認です。

しかし、電話で行われることがほとんどであることが、利用者にとって不安の種になることも少なくありません。「電話を掛けられてしまうことで周囲の人にバレてしまうのではないか」という不安が代表的なものですが、その不安を解消するためには電話以外の方法で行われる在籍確認を活用する方法が効果的です。在籍確認は電話で行われることが多いですが、これはそういう決まりによる影響ではありません。在籍確認をする、ということは決まりになっているものの、その方法に関しては明確な決まりはない状態ですが、信憑性の高さや手軽さから電話で行われることが多いというだけの話です。しかし、カードローン業者の中には電話以外の方法で対応することを公言しているところがあります。もしくは、電話連絡が必要だとしているカードローン業者であっても、明確かつ合理的な理由がある場合に関しては、電話以外の方法で対応してもらえる可能性が十分にあります。「勤務先に電話を掛けられると高い確率で怪しまれてしまう状況が客観的に証明できる」という時には、相談をしてみると希望に添える可能性があります。

Read More

カードローンの借り換えを積極的に行うべき理由

カードローンをはじめて借りるときは、借入できるか不安に感じる方が多いでしょう。カードローンの利用者の多くは緊急でお金を借りたいと考えているので、審査に対して敏感になってしまうのです。これに対して、借り換えをする場合はもっと気軽に審査を受けられるでしょう。もし借りられなくても現状維持であり、状況が悪くなることはありません。借り換えの審査は落ちても大したことはないので、低金利のカードローンが見つかったら積極的に借り換えをしていきましょう。フリーローンはより低金利で借りることができますが、カードなしで借りるローンです。そのため緊急時に借りるという利便性が失われてしまいます。返済に専念して追加融資は絶対に受けないと決めているならフリーローンという手もあるでしょうが、緊急時に借入をしたい方はカードローンを選択するべきでしょう。

借り換えするパターンとして圧倒的に多いのは、消費者金融から銀行への乗り換えです。銀行カードローンは消費者金融と比べて金利が低く、その逆のケースはほとんどありません。銀行から消費者金融のローンに乗り換えした人の話は聞いたことがないはずです。借り換えの最大の目的は利息を減らすことなので、金利が高くなるようでは意味がないのです。ただ、金利は据え置きという場合なら、借入先を一本化できるメリットは得られます。借入先が減るほど返済の負担は軽減し、何より返済回数が減るのが嬉しいです。月に3回も返済日があるとなれば、毎月の返済が非常に面倒なものとなるでしょう。一本化して返済が1回になるなら、精神的な負担は大幅に軽減するはずです。カードローンの借り換えを考えている方は、今よりも返済が楽になるかどうかを重視してください。消費者金融で借り換えができない場合は、総量規制の限度額まで借りている可能性が高いです。年収の3分の1以上は借入ができないので、こうした場合は銀行カードローンを検討してください。

Read More

カードローンの借り換えについて

カードローンでは借り換えという方法もあります。これは何のことかというと、単純にはAというローン会社から借りているお金について、その借りている金額と同じだけのお金を別のBというローン会社から借り、借りたお金でAローン会社の借金を全て返済してしまうことを指します。後にはBローン会社の借金だけが残ることになります。要はAローン会社の借金の代わりに、Bローン会社の借金とするということで、これが最も単純なカードローンの借り換えということになります。

しかし、こんなことをして一体何のメリットがあるのか、一体何のためにこのようなことをするのかと思われるかもしれません。その点を解説しましょう。最も分かりやすいのは、Aローン会社とBローン会社とで金利が異なる場合です。このような場合、借り換えをすることで金利負担が軽減されることが期待できます。具体例を挙げますと、例えばAローン会社から50万円を金利18%で借りていたとしましょう。この場合、一年間の利息は9万円になります。ここでもし、同じ50万円を金利15%で貸してくれるBというローン会社があったとします。Bローン会社から50万円を借りて、その50万円をそのままAローン会社の借金の返済にあててしまいます。Aローン会社の借金は完済して無くなります。

残るのはBローン会社からの借金です。50万円を金利15%で借りているわけですから、一年間の利息負担は7万5千円になります。これで分かるとおり、この場合は差し引き1万5千円の利息負担軽減につながることになります。これが借り換えのメリットの一つです。借り換えのメリットにはもう一つあり、それは複数のローンを一つにまとめることによるものです。上の例ではAをBに換えるだけでしたが、例えばA1、A2、A3と三つのローン会社からお金を借りているような場合に、それらを全てBローン会社にまとめてしまいます。この場合は、返済の管理がしやすくなるというメリットもあります

Read More

カードローンの金利について

皆さんはカードローンの金利についてどれくらいご存知でしょうか。カードローンと言っても世の中にはたくさんの種類があり一概には言えないでしょう。元金と利息の合計を返済していくものであるため、その金利については必ず知っておかなければならないといえるでしょう。まずは元金とは実際に借り入れた金額のことです。

利息とはその借り入れた金額に一定の利率を掛けて算出される手数料のことです。この一定の利率が金利と呼ばれるものであり、返済に関して大きく関係してくる数字です。カードローンで実際どのくらいの金利で借り入れを行っているかがわかれば、どのくらいの利息を払っていく必要があるのかが算出でき、ローンの返済に役立ちます。さらに説明を加えると、金利が同じ場合で返済期間が異なる場合は、返済期間が短いほど利息として払う金額は少なくなります

ローンの借入期間が短いほど、利息を払う額が少ないのは良いことのように見えますが、短期間で返済額を大きくすることは、一度での返済額が大きくなります。一般家庭でいえば、家計を圧迫する額が大きくなり、流動性の高い資金が少なくなってしまいます。そのため、もしほかに急な出費が必要になってしまった場合、対応ができなくなってしまいます。そのため、カードローンよりも金利の高いクレジットローンのキャッシングなどに頼らなくてはならなくなるケースもあり非常に危険です。

返済に関してはあらかじめ余裕を持った返済プランを立てておく必要があります。また最近では、無利息キャッシングサービスを提供しているローン会社もあります。こちらはローン会社が定めた一定期間は無利息でキャッシングができるというものです。一般的には30日から60日までの期間で無利息となる場合が多いです。もちろんこれ以外にもカードローンの金利には様々ありますので、実際に利用される際はあらかじめよく調べてからローンを組むことをお勧めいたします。

Read More

カードローンを確実に返済していく方法

当初は、どちらかといえば、返済よりも借り入れ重視の利便性に力が入れられていたカードローンですが、最近では、返済についても様々な方法が提供されるようになりました。ATMは言うに及ばず、インターネットバンキングを利用すると24時間いつでも手数料無料で返済できたり、一部の銀行カードローンなどでは、自行ATM以外のコンビニなどの提携先ATMの手数料無料で利用できるところもあります。

このように、カードローンの返済方法は大変充実してきているのですが、これと比例するかのように多重債務となる人も増えているという現実もあります。もちろん、返済方法が便利になることと、多重債務者が増えるということに直接的な関係はあるはずもないのですが、逆に言うと、利便性が高くなったからといっても多重債務者が減少するということでもないということです。それでは、確実にカードローンの支払いを進めていくためには、どのような返済方法が適しているのでしょうか。

何事も便利になるということは良いことなのですが、問題は、それを使いこなしていかなくてはならないということです。まず、カードローンでお金を借りた場合に最も重要視しなければならないのは、なるべく、早期完済を目指して、かつ、なるべく金利を支払わないようにするということです。早期完済することで支払金利は最小限に抑えることが可能となります。

確実に借入残高を減少させるのに最も適しているのは、口座振替です。一部の銀行カードローンなどはこの返済方法しか提供していないところもあるくらいです。これは、サービスを出し惜しみをしているということではなく、この方法が顧客にとっても銀行にとってもベストな方法だからです。口座振替を利用して、決して新規借り入れをしないようにすれば借入残高は減少していきます。さらに、重要なのが繰り上げ返済の利用です。この二つを組み合わせることで確実に借入残高を減少させていくことができます。

Read More

カードローン審査の内容とは

近ごろでは、万が一の急な出費に備えるためにカードローンに申し込んでいる人が急速に増えてきています。旅行や仕事での出張、引越しや入院などまとまったお金を必要とした時にすぐに用意できるカードローンは、非常に便利で役立つサービスとして親しまれているのです。さまざまな銀行やカードローン会社がありますが、申し込む際には審査を受ける必要があります。きちんとお金を返済してくれる信用できる相手かを見極めるために、あらゆる調査が行われているのです。

カードローンの審査内容としては、勤務先の安定性や収入、年齢や家族構成、自宅が持ち家か賃貸かなどのチェックが挙げられます。また、申し込みの際に自己申告した他社からの借入金額に嘘や間違いがないかという確認も行われます。さらに、これまで利用してきたカードローンの返済履歴も調べ、大幅に遅れたことがないかについてじっくりとチェックされるのです。債務金額がどれほど残っているか調べた上で許容範囲内であれば審査を通過できるケースも少なくありません。信頼に値する人物であると担当者が判断すれば、その日のうちにお金を借りることも可能となります。

さらに、申込者の勤務先に電話して審査結果と内容確認が行われます。これは在籍確認も兼ねていますので、確実に働いているか最終チェックをしてから審査完了となります。電話をかける際は個人名でかけるよう配慮されていますので、周囲に知られることもなく安心です。

カードローンは、返済方法も非常に手軽で利便性が高いサービスです。銀行に行く時間がないという人でも最寄りのコンビニエンスストアで返済することも可能ですので、気楽に利用できるのです。お金に余裕があるときは増額や一括返済なども自由に選択できる点も人気の秘密となっています。このように、いざという時に頼りになるカードローンサービスは、あらゆる世代の男女から絶大な支持と高い満足度を誇っているのです。

Read More

即日融資のキャッシングでお金がすぐに手に入る

慌てふためく程に焦る事はありますが、お金が足りない事が1番焦ることであると思います。それはお金が無いと、予定が全て止まってしまうほどに重要性のあるものだからです。お金が無いと全く身動きが取れないので、全てキャンセルとなるでしょう。

お金が不足しているからと誰かに嘆願してみても、すぐに用意してくれるものではありません。それはお金を貸してあげるかどうか、幾ら貸してあげるかなど、日にちを置いてでもじっくり考えてから返事をする代物であるからです。お金の扱いや、ましてやお金の貸し出しなんてものは軽はずみでする人は殆どいないでしょう。お金の事になると誰もが慎重になるものなのです。だから誰もが今すぐにお金は貸せないという返答が来る事が多いと思います。それでは困ります。

今すぐにお金が必要だという状況になったのなら、キャッシング業者に身を委ねると良いでしょう。キャッシング業者は何処でも即日融資を行っています。申込を開始して審査の了承を得れば、すぐにお金を貸してくれるのです。その即日融資と言うのは、特別手当など必要ありません。料金が別途掛かりません。即日融資は特別な人にだけ、施して貰うものでは無くて、誰にでも適応されるものなのです。

お金が必要だとキャッシング業者に行く人はたいていの人は急ぎの人が多いものなのです。だから誰もが即日融資は可能な企業が多いのです。ただ、申し込む店舗先が混雑しているとか、審査が込んでいるとか、審査の時に不具合が出たなどで、契約までに時間が掛かる場合はあるでしょう。でも契約が交されれば、お金の受け取りの即日融資はすぐに行えます。

だから急ぎでも借入出来るので急いでいても安心して借入申込を行うと良いでしょう。しかし、申込方法によって、カードを受け取らないと現金を引き出せないとか、休日で振込の受け取りが出来ないとか、振込先が口座が無いなど、企業との取引の間で、即日融資できない状況は生じる事もあるかもしれません。それ以外は、たいていは申込契約後すぐに即日融資が受けれる企業が多いと言えます。

Read More

専業主婦でも気軽にキャシングが出来る企業

専業主婦の人は、自らお金を稼いでいません。ご主人の収入によってお金を使っているのです。だからお金の仕分けが大変だったり、都合でお金が足りなかったりした時には、出来れば、気軽なキャッシングで一時期埋め合わせなどを利用したいと考えます。それなのに、キャッシング業者から見たなら、お金の返済は出来るのかっと、信頼の置けない不安な人に見える事でしょう。

そして、消費者金融業などでは、借入をする本人に収入が無いと、融資不可能であると、賃金業法でも規制がある程です。そんな専業主婦でも、お金を気軽にやりくり出来るところがあります。それは、銀行系のカードローン会社です。銀行系は、賃金業法に掛からないのです。それは、賃金業者ではないからです。銀行は、預金や為替や色々なお金を扱ってはいるけれど、お金を貸すことだけを業務としていないから賃金業者ではないのです。

それで専業主婦でも借入可能と成る訳であるのでしょう。それに銀行カードローンはあらかじめ預金を持っている銀行であれば、本人の持っている定期や預金などの資産が一目瞭然です。それで、まず信頼はあるのです。それに、ご主人がきちんと継続して仕事をしているのならば、返済は可能と判断され、審査に通るのです。しかし、やはり専業主婦の借入は、借入限度額が非常に低いです。業者によりますが、10万までとか、30万までとか、独自の規制があるのです。

それは、やはり、もしも返済不可能になった場合には、専業主婦がお金を作って返済する事は不可能であるし、低い金額に設定していれば、銀行側からすれば、リスクは少なくなるからでしょう。低い金額では足りないという人には、ご主人の所得証明や、ご主人の身分証明や、ご主人の借入承諾書等などを提示すれば、多額の金額を融資して貰えるというサービスもあります。それを使うには、ご主人の了解を得ないと申込できないものなので、やりくりをする為にちょっと利用するというものでは無いでしょう。

Read More

初回利用時には手数料が無料になるキャッシングも

キャッシングを考えている方々の多くは、手数料を気にしています。もちろんそれは、できるだけ低く抑えたいものですね。 ですので人々は、金融会社を選ぶ時にその手数料の高低を基準にしている事が多いです。つまりできるだけそれが低めな会社を、選んでいる方々は多く見られる訳ですね。

ところで一部の会社では、独自のサービスを提供している事があります。初回の利用時に限り、その手数料が無料になるというサービスがあるのです。
例えばある金融会社の場合は、普段の手数料は最大17.8と設定されています。つまりその会社で100万を借りた時には、1年間のトータルの手数料は178,000円になる訳です。

ところがその会社で借りる場合、初回の手数料は無料になるのですね。そしてそれには期限が決まっていて、30日間のみ適用されるのです。つまり30日が経過した時には、通常時の手数料になる訳ですね。初回のみ、非常にリーズナブルになるのが特徴的です。 そのような内容は、キャンペーンと大きな関係があります。

というのも金融会社では、たまにキャンペーンを行っているのですね。初めてその会社で借りる時に限って、第1回目の融資では上記のような無料の手数料が適用されるというルールになります。この間も私が電車で移動していた時に、ある金融会社が中吊り広告で自社の融資商品をアピールしていました。それによると、やはり初回は料金は無料になるのだそうです。

ちなみに例外の会社も、中にはあります。ノーローンという会社がありますが、あそこは何回でも手数料が無料になるのですね。回数制限がありませんので、あの会社のキャッシングなどはメリットが大きいと思うのですが。ただし、やはり返済の期限などはあります。所定の期日以内に支払うのはその会社も同様なので、その期日を守ることは大切でしょう。

このように金融会社の中には、手数料を無料にしている所がいくつか見られます。少しでも手数料を低く抑えたいと思うならば、そのような会社に着目してみると良いでしょう。

Read More