銀行のカードローンと年収証明書類について

銀行のカードローンは最高1,000万円までのローンになっている事もあり、高額融資を希望する人にとっては魅力的な金額と言えましょう。更に、銀行のカードローンは消費者金融と比較した場合、低金利ローンと言う魅力もあります。カードローンおすすめ銀行について)金利が低い分、利息の支払い額が少なくなる、月々の返済も余裕で行えるようになるなどのメリットもあります。因みに、返済期間が長くなると利息の支払いが多くなるので、借りたお金はなるべく早く返すのが利息を多く支払わないコツにもなります。余裕がある時などは、繰り上げ返済を行うなどして、元金を減らすようにすれば、短期間で返済が出来るようになるのです。

高額融資を受ける事も出来る銀行のカードローンですが、申し込みをする時には収入証明書と言う書類の提出が必要になるケースがあります。収入証明書は、サラリーマンなどの場合であれば、前年度の年収が記載されている源泉徴収票、個人事業主などの場合は納税証明書や確定申告書と言った書類の写しになります。年収が少ない人にとって、審査に通過出来ないかもしれないと言う不安材料の一つにもなるのが収入証明書なのですが、300万円までの申し込みや200万円までの申し込みの場合には年収証明書の提出が不要にしている銀行が多いのです。そのため、年収証明書の提出で不安を抱く人などの場合、それぞれの金融機関のホームページで、申し込み額が幾ら以上になると年収証明書の提出が必要になるのかを確認しておくと安心です。銀行により金額が異なるので、金利などと併せて比較をしておきましょう。銀行のカードローンの中には、収入が少ない人でも申し込みが出来る、配偶者に安定継続収入がある専業主婦でも申し込みが出来るカードローンも用意しています。申し込み額自体は、通常よりも少なくなるため、年収証明書類などを用意する事無く申し込みが出来る、申し込み時には運転免許証や健康保険証と言った本人確認書類だけを用意すれば良いのです。