ビットコイン取引所の3社を比較!当ブログのおすすめはこの取引所です!

bitFlyerのメリットデメリット

bitFlyerは、取引数量・ユーザー数・資本金において第一位の仮想通貨取引所として有名です。ベンチャー系の企業が多い仮想通貨取引所の中にあって、大株主には大手金融機関が名を連ね経営の安定性の面でも安心感が高いのが特徴です。bitFlyerを利用することのメリットは、取引規模の大きさに現れているように高い実績を持ち、高い信頼をかち得ている事です。bitFlyerを一番に進める理由として仮想通貨ドリームのブログの記事を参考にしています。

さらにbitFlyer経由で実際の生活でビットコインを決済手段として、普及にも取り組んでいます。実際の取引では初心者でも資産状況を瞬時に把握出来る仕様で、始める上でのハードルは低いと評価できます。手数料はビットコインは0.01から0.12%となっています。ただしそれ以外のアルトコインは0.20%と少し高めなのがデメリットです。

coincheckのメリットデメリット

coincheckは国内の主要な仮想通貨取引所の一つです。ポップでスタイリッシュなサイトデザインですが、初心者向きの使いやすさに配慮しているのが特徴です。仮想通貨と耳にしても、興味はあるけれどなんだか敷居が炊かそうと考えている人にもぴったりです。サイトの見易さだけでなく、coincheckはアプリの扱い方がわかりやすいと利用した経験者からも、高い評価を得ています。ビットコインの購入の方法も具体的で、いちからわかり易く説明してくれます。さらに取扱い通貨が豊富でビットコイン以外のアルトコインも12種類トレードするシステムが取られています。ただ手数料は少し高めです。これは仮想通貨を販売する形式を採用していることによります。

 

Zaifのメリットデメリット

仮想通貨取引所であるZaifの特徴はその手数料の安く、取引高に応じた報酬キャンペーンを実施するなどユーザー視線でサービスが構成されている事実にあります。顧客満足度を高める点では、評価できますが大丈夫なのかと気になります。この点はZaifの創業者がビットコインのインフラ整備を重視した経営精神をもとに運営されていることに根拠があります。また値動きの激しさが魅力であり、心配点でもありますが、Zaifでは積み立て方式で仮想通貨を購入できるシステムが用意されています。これなら初心者でも、買い入れ単価を下げながら仮想通貨を購入してマーケットに参加することが出来るのです。ただ、ウェブでもアプリでも他の通貨を同時閲覧できないなど、操作性が若干改善の余地があるようです。