カードローンの金利について

皆さんはカードローンの金利についてどれくらいご存知でしょうか。カードローンと言っても世の中にはたくさんの種類があり一概には言えないでしょう。元金と利息の合計を返済していくものであるため、その金利については必ず知っておかなければならないといえるでしょう。まずは元金とは実際に借り入れた金額のことです。

利息とはその借り入れた金額に一定の利率を掛けて算出される手数料のことです。この一定の利率が金利と呼ばれるものであり、返済に関して大きく関係してくる数字です。カードローンで実際どのくらいの金利で借り入れを行っているかがわかれば、どのくらいの利息を払っていく必要があるのかが算出でき、ローンの返済に役立ちます。さらに説明を加えると、金利が同じ場合で返済期間が異なる場合は、返済期間が短いほど利息として払う金額は少なくなります

ローンの借入期間が短いほど、利息を払う額が少ないのは良いことのように見えますが、短期間で返済額を大きくすることは、一度での返済額が大きくなります。一般家庭でいえば、家計を圧迫する額が大きくなり、流動性の高い資金が少なくなってしまいます。そのため、もしほかに急な出費が必要になってしまった場合、対応ができなくなってしまいます。そのため、カードローンよりも金利の高いクレジットローンのキャッシングなどに頼らなくてはならなくなるケースもあり非常に危険です。

返済に関してはあらかじめ余裕を持った返済プランを立てておく必要があります。また最近では、無利息キャッシングサービスを提供しているローン会社もあります。こちらはローン会社が定めた一定期間は無利息でキャッシングができるというものです。一般的には30日から60日までの期間で無利息となる場合が多いです。もちろんこれ以外にもカードローンの金利には様々ありますので、実際に利用される際はあらかじめよく調べてからローンを組むことをお勧めいたします。