カードローンの借り換えについて

カードローンでは借り換えという方法もあります。これは何のことかというと、単純にはAというローン会社から借りているお金について、その借りている金額と同じだけのお金を別のBというローン会社から借り、借りたお金でAローン会社の借金を全て返済してしまうことを指します。後にはBローン会社の借金だけが残ることになります。要はAローン会社の借金の代わりに、Bローン会社の借金とするということで、これが最も単純なカードローンの借り換えということになります。

しかし、こんなことをして一体何のメリットがあるのか、一体何のためにこのようなことをするのかと思われるかもしれません。その点を解説しましょう。最も分かりやすいのは、Aローン会社とBローン会社とで金利が異なる場合です。このような場合、借り換えをすることで金利負担が軽減されることが期待できます。具体例を挙げますと、例えばAローン会社から50万円を金利18%で借りていたとしましょう。この場合、一年間の利息は9万円になります。ここでもし、同じ50万円を金利15%で貸してくれるBというローン会社があったとします。Bローン会社から50万円を借りて、その50万円をそのままAローン会社の借金の返済にあててしまいます。Aローン会社の借金は完済して無くなります。

残るのはBローン会社からの借金です。50万円を金利15%で借りているわけですから、一年間の利息負担は7万5千円になります。これで分かるとおり、この場合は差し引き1万5千円の利息負担軽減につながることになります。これが借り換えのメリットの一つです。借り換えのメリットにはもう一つあり、それは複数のローンを一つにまとめることによるものです。上の例ではAをBに換えるだけでしたが、例えばA1、A2、A3と三つのローン会社からお金を借りているような場合に、それらを全てBローン会社にまとめてしまいます。この場合は、返済の管理がしやすくなるというメリットもあります