カードローンの借り換えを積極的に行うべき理由

カードローンをはじめて借りるときは、借入できるか不安に感じる方が多いでしょう。カードローンの利用者の多くは緊急でお金を借りたいと考えているので、審査に対して敏感になってしまうのです。これに対して、借り換えをする場合はもっと気軽に審査を受けられるでしょう。もし借りられなくても現状維持であり、状況が悪くなることはありません。借り換えの審査は落ちても大したことはないので、低金利のカードローンが見つかったら積極的に借り換えをしていきましょう。フリーローンはより低金利で借りることができますが、カードなしで借りるローンです。そのため緊急時に借りるという利便性が失われてしまいます。返済に専念して追加融資は絶対に受けないと決めているならフリーローンという手もあるでしょうが、緊急時に借入をしたい方はカードローンを選択するべきでしょう。

借り換えするパターンとして圧倒的に多いのは、消費者金融から銀行への乗り換えです。銀行カードローンは消費者金融と比べて金利が低く、その逆のケースはほとんどありません。銀行から消費者金融のローンに乗り換えした人の話は聞いたことがないはずです。借り換えの最大の目的は利息を減らすことなので、金利が高くなるようでは意味がないのです。ただ、金利は据え置きという場合なら、借入先を一本化できるメリットは得られます。借入先が減るほど返済の負担は軽減し、何より返済回数が減るのが嬉しいです。月に3回も返済日があるとなれば、毎月の返済が非常に面倒なものとなるでしょう。一本化して返済が1回になるなら、精神的な負担は大幅に軽減するはずです。カードローンの借り換えを考えている方は、今よりも返済が楽になるかどうかを重視してください。消費者金融で借り換えができない場合は、総量規制の限度額まで借りている可能性が高いです。年収の3分の1以上は借入ができないので、こうした場合は銀行カードローンを検討してください。