カードローンの在籍確認に関する基本と応用

カードローン契約をする際、融資希望者(申込者)が十分な返済能力と信用を有しているのかを判断するために「審査」が行われます。審査では、融資希望者の現在の年収や将来的な収入見込み、債務状況、過去の取引履歴などの様々な要素がチェックされます。そして、これらの基準を総合的に判断した結果、カードローン業者が設定している融資基準をクリアしていると判断された場合には、融資希望者が申告している情報に偽りがないかどうかを確認する意味で「在籍確認」が行われます。基本的な在籍確認の方法は、申告した勤務先へカードローン業者が電話連絡を行い、間違いなく融資希望者がそこで働いていることを確認します。勤務先を確認することによって、申告された年収や将来性の評価が裏付けられることになります。要は、「信用能力を担保するための手段」が在籍確認です。

しかし、電話で行われることがほとんどであることが、利用者にとって不安の種になることも少なくありません。「電話を掛けられてしまうことで周囲の人にバレてしまうのではないか」という不安が代表的なものですが、その不安を解消するためには電話以外の方法で行われる在籍確認を活用する方法が効果的です。在籍確認は電話で行われることが多いですが、これはそういう決まりによる影響ではありません。在籍確認をする、ということは決まりになっているものの、その方法に関しては明確な決まりはない状態ですが、信憑性の高さや手軽さから電話で行われることが多いというだけの話です。しかし、カードローン業者の中には電話以外の方法で対応することを公言しているところがあります。もしくは、電話連絡が必要だとしているカードローン業者であっても、明確かつ合理的な理由がある場合に関しては、電話以外の方法で対応してもらえる可能性が十分にあります。「勤務先に電話を掛けられると高い確率で怪しまれてしまう状況が客観的に証明できる」という時には、相談をしてみると希望に添える可能性があります。